レーザー脱毛ができない肌とは?

こんがり日焼けした肌、色黒の肌、シミそばかすが多い肌、ほくろが多い肌。
このような肌にはレーザー脱毛は適しません。
なぜならレーザー脱毛は黒色に反応して、ムダ毛を照射する仕組みだからです。
肌そのものに感知してしまうと、火傷などのトラブルの原因となってしまいます。

また妊娠中や生理中も脱毛は控えるべきでしょう。
副作用というものは無いにせよ、肌はデリケートでとても敏感な状態です。
そこに脱毛施術をしてしまうと、普段なら起こり得ないトラブルが発生してしまうかもしれません。
妊娠中はどうしても毛が濃くなりがちです。
気になってしまうかもしれませんが、産後徐々に薄くなり元の状態に戻ります。

最後にタトゥーの入った肌にも脱毛は適しません。
タトゥーにレーザーが反応してしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。
それどころか、レーザーの影響でタトゥーが消えてしまう可能性もあるのです。